Angry&Hungry

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先にたつということ

本日は、早めに仕事を済ませてきた。


入社して二ヶ月が経とうととしている。いまだに初歩的なミスでつまづく毎日ではあるが、なんとか独り立ちができてきたというのも明日で僕の先任の先輩が最後なのだ。

仕事のいろはから人間関係まで本当に隅々まで面倒を見てくれた。
フットサルのサークルを紹介してくれたり、普段は自分もあんまりかかわらないような人たちとも昼食のセッティングなどをしてくれ、人一倍挙動不審な僕もどうやらオフィスのコンクリートの壁の中に浸透できてきたものだ。

振り返ってみると自分にも何人か後輩と呼べる友人がいるが、果たして先輩らしい振る舞いをしてあげられただろうか。
部活をまともにやってこなかった僕にとって後輩という存在は難しい。
しかも僕は誰かの後輩でいる事は得意だけれども先輩になるのはなんだか恥ずかしい感じがしてしまって無理やり同じラインにたとうとしてしまう。
おかげで株はさがるけれども僕自身もあれこれ、世話を焼いてやらなくても彼らは勝手に育ってくれるのでマイペースが保てるわけだ。

でも、会社の先輩のように手のかかる後輩が出来た人は大変だがその分自分を成長させることもできるだろうし自分が先輩であるという意識ができ、人に指導してやる力や人を誘導する力がつく。後輩の存在が先輩としての力をつけてくれるともいえるのかもしれない。

自分が先輩になるのは後輩をしっかり育てて自分のてを離れたときにやっとそうなれるのだろうといまさらながら感じた。

とにもかくにも明日で最後である。(フットサルで会うのでとりあえずはだけど。)
あしたは飲み会。せめて最後くらい一人前の後輩らしく潰れずに送り出してあげたいものだが。
[PR]
by U-the-zannen | 2005-09-29 21:35

チャーリーとチョコレート工場とティムバートンとキューブリック

b0043849_23432154.jpg

チャーリーとチョコレート工場を見てきた。

いやここ最近映画に恵まれてなくって前回見たのが見たことも忘れてしまうようなそのなも「フォガットン」とかいうやつで、これってシックスセンス系のオチになにかありますよ的な作品だったけどいかんせんオチが「ポカーン」って感じだった。
若干ネタばれ気味だけどいいや。アレ見なくてもいいよ、くそだから。

でここらで手堅い作品を…って事で大人気の「チャーリーとチョコレート工場」を見に行ってきたってわけです。

監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップだったらまぁ集客力はあるわな。
でも今のところこの2人のタッグでキターッ!ッてかんじのはないんだけどね。

ってかね、この2人は懲りすぎなんですよ。役作りにしても世界作りにしても。んでそのほかの事はそっちのけになっちゃうから灰汁が強すぎて浮いちゃうんだなー
たしかにティムワールド前回でCGやらセットやらは実に見事。
ジョニーデップも演技うまいし微妙なしぐさとかMADのとことか地なんじゃなーの?ってくらい作りこんでいてそこらへんは本当に見事だと思う。
コレだけでもご飯いっぱい分はいけるのかもしれないけど。

でもなーメインテーマがおそらく「愛」的なものなんだろうけどそれを語るのには浅いし、コレはもともと原作が児童文学だからかもしれないんだけど、あの2人が自分たちにだけ懲りすぎてるから余計に拍車をかけてそっちにばっかり気がとられちゃう。

そしてサンプリング多すぎ。
とりあえず冒頭からジョニー扮する「ウォンカ」が右手にハサミもってていきなり「シザーハンズ」だし、ところどころウンパルンパという狂言回しが唄って踊ってをするんだけどマイケルジャクソンとかビートルズとかパクリまくり。ヒッチコックの「サイコ」のワンシーンがでてきたりもするし。
で極めつけはキューブリック。
キューブリックって「アイズ・ワイド・シャット」とか「2001年宇宙の旅」とかの監督なんだけど、彼自身もいろいろな世界から引用してきて作品を作り上げるといった手法を用いるんだけど、まずウォンカ自体が「時計仕掛けのオレンジ」っぽいし、「2001年」が出てきたり、果てはモノリスがでてきてチョコに代わったりと分かり安すぎるくらい多用しているのにはなにか裏があるのか。
キューブリックがそういうサンプリングを用いるときには必ず、何かの心象風景だったり、エロス的なものの象徴だッたりするんだけどさしてそのようなところは見当たらないのでたんなるオタッキーなやつがファンタジーの名の下に自分の自己満足をコラージュしていったような感はいなめない。

最後の方にウォンカのエディプスコンプレックスを象徴するようなシーンもでてくるんだけどいかんせんティム・バートンが「子どもに愛や夢を与える事」にこだわりすぎててキューブリックのような毒がないのであんまり意味がなく感じる。

まぁどなたも深く考えずに御伽噺と僕のワールドを楽しんでいってくださいよ!っていうとこなんだろうね。
そーゆー意味ではどこにどんなパロディがあるかさがしたりするためにまた見たいかも。
[PR]
by U-the-zannen | 2005-09-26 00:08



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧