Angry&Hungry

7月

7月だ

6月なんにも書いてなかったかと思ったけど、ちゃんと一個登録してた
月一更新かよ
ご大層だけど、月間ってほどの内容でもない
とてもとても

いや、実際は、非表示で何個か投稿してるんすよ
アキバ事件についてとか、物価高についてとか、もう政策が不条理すぎるとか……

でもなーんかね
書いてるだけで満足するっていうか
他人に見せるほど面白い話でもないってゆーか

世の中のブログを見てると、特に世評的なやつって「どっかでだれかが言ってそうなこと」って多いやね
ある程度文章がパターン化されてるっていうか

アキバ事件なんかでもでてくるだろうとは思ってたけど、やっぱり基本的には「他人事じゃない」って文脈
それってもう使い古されすぎて、(たとえば宮崎勤とか、酒鬼薔薇とか宅間のときとか)「“逆に”共感できる」って文脈でもない

ある意味犯人に共感や同情、同調を表明する「“逆に”共感できる」が一般に浸透した結果できたパターン

歳をとるとともに文章から得る刺激が減っていくなぁと思うのです

では、また来月
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-07-02 13:11

いまさらながら秋葉原事件雑感

まず感じるやりきれなさ

犯人加藤の境遇
死んでもいいほどの人間が起こす、新たな自殺
いままでの自殺→自分で死ぬこと
社会(や社会的倫理・法・慣例など)から
つながりを求めた人間の自殺とは社会からみずからを切り離すことであったのではないか
無差別殺人を犯せば当然社会からの抹殺
命の価値観(認識)が変容?




メディアのステレオタイプな批評
若者→他人事ではない
識者→今までの何かの事件と
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-06-18 22:31

プレミアのプレ

インディージョーンズ4楽しみ

プレミアで見た芸能人たちよ!
先に見たからってつまんねーつまんねーとかいってんじゃねーよ!
庶民の楽しみを奪うな!
つまらなくたっていいけど、つまらんものは黙っとけ!
ただで見たくせによ
そーゆう態度が反感買ってんだよ

わからんかねぇ
わからんだろうねぇ
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-06-11 02:14

Next Level

最近の違和感のあること

ある種のサブカルが好きな人々が、いまだに「中二病」という言説にとらわれすぎているということ
それらは指向性の問題であって、モラトリアムへの免罪符でもないし、(それさえつけていれば保証される)おもしろさへの会員カードでもない
いうまでもなく、それらの旗手たちの作品はいまだにおもしろいし、見るべきものもあるけれども、い受け取る側がいつまでも同じ段にいては文化的な進歩なんてありゃしない

もう00年代も後半なのだよ、君たち
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-05-31 02:34

杓子定規

政府の教育再生懇談会が小中学生には「教育的な観点から携帯電話を持たせない」との項目を明記することを決めたそうだ

なんかしらんが、それこそ「臭いものには蓋」といわんばかりにいろんなことが法律で、条例で禁止なっている気がする
こーゆうのってマナーとかモラルの問題でいちいち法制化するほどでもなかろうもんでしょうに
どんどん息苦しくなっていってますな

なんでそーなるのか
マナーやモラル、もっといえば慣習とか文化みたいなものがめちゃくちゃ多様化してきて日本の統一基準みたいなものがぶれてるってのはあるんだろうね
やっぱりバカは多いし、どーしたってマニュアルがないと動けない人ってやっぱり多い
こーゆうのってもうずっと前から言われてることなんだろうけどさ
その上でマスコミも危険に関するニュースだけをセンセーショナルに送り出すもんだから価値基準が「不安」や「危険」ってことだけにアンテナが立っちゃってるんでしょか
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-05-21 02:03

ひとことだけ

パフュームは断然のっち派の私です
ってゆーか他の二人は……でしょう
パフュームのインタビュー見てると出てきた頃のモー娘。を思い出します
どっちにしても賞味期限早そうだなぁ…

倖田來未の事件は内部の犯行なのかな
一時的に浜崎を復権させるための、misonoを売るためのできレースなのかしらん
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-05-04 01:15

パンチラに見る命の隙

すっかり春だ
女の子のミニスカートがまぶしい
ほんといつのころからだろう、女子高生とかミニスカートとかパンチラとか好きになったの
俺結構純情だったんだけどな…

軽くへこみつつよくよく考えたら高校生の頃からパンチラ・ハンターだったことを思い出す
ふふふ
僕が出た高校は、海から徒歩5分ほどのところにあってね、浜風が時々いたずらをしていったもんですよ

パンチラは、単なるいやらしい行為と思われがちだが、もっと人間生命や闘争文化に根ざした根源的なエロスが潜んでいる
男→女=性の対象という単純なベクトルではない
むしろ人間もまた動物であるということ、性別とは関係なしに極個的に生存闘争を繰り広げていて、いつでも最後まで生き残ろうとするいわば生物の業を内包している

そもそも考えてみればなぜ下着なんぞをみて喜ぶのだろうか
冷静に考えればただの布生地だ
女性だってそうやすやすと下着を見せるためのことなんてのしない
短いスカートを着て自らをかわいらしく時に艶やかに見せ、オシャレを楽しんでいるだけだ
いたずらな風がハラリと吹いてチラと見えるそんなものになんの想像を膨らませよう

しかしして、そこにこそ生命のやり取りたる所以がある
みえそでみえないその刹那、ちらりと見える秘められたその内部を垣間見る行為、それは一瞬の隙をつく行為
生きているうえで脇の甘い部分を、しかし、日常的にしっかりと守っている部分がめくれるその刹那に銃剣向けて「エイヤーッ!」と突き刺さんとする行為なのである
そうすることによって、「命(たま)とったどー!」と生物的な優位を感じ快楽を得ている
パンチラとはつまりこういった行為なのだと私は思う

ところで、近年ローライズ・ジーンズなるものが流行し、また、上着も短めのものが流行しているようでおなかや背中を見せている婦女子(もしくは腐女子)が巷にあふれ返っている
そして、しゃがみこんで下着どころかおしりの割れ目まで見せてしまっている
ときにはアス・ホールまでもがみえているらしい
このずり下げ状態をみて不快に思う男子たちも大変多かろう
「日本の女子としての貞操をもて!」などと日夜ブログや2chで豪語しているかもしているかもしれない
しかしこれは完全な見当違いであると諸父兄をいさめておかなければならない
女子だからとか、まして日本のーなどといった意見は時代錯誤もはなはだしい
そんな考えは、黒船として来襲したリア・ディゾンにより切り落としたちょんまげよろしく捨て去るべきである

ローライズ・ジーンズによるずり下げ状態なぞは、パンチラよりも内部が見えていて一見よりエロスが深いように感じられるかもしれない
それが喜びよりも不快の声が多いのはなぜだろうか
しかしこれもパンチラ・生命闘争理論に照らし合わせれば、簡単なことなのである
すなわちそこには、生命の見せる一瞬の隙、というスリルが全く無いのである
グデンっとだされたみっともないお尻には「貴様!それでも軍人か!」とか「そんなことじゃこのジャングルをサヴァイヴできんぞ!」とか「俺がクマならかみ殺してるぞ!」などといった当たり前に生きている油断に対してであり、そんな愚鈍な生物をみて人はむしろ嫌悪感を抱く
だいたいお尻の割れ目までみせているのは大抵デブであるという点も見逃せない

すべてのエロやスケベに根源的な何かが内包されているなどとたいそうなことは言わない
しかしエロスとは立ち返ってみると生命に関わる精神的・文化的な闘争が常に内包されており、また自分が男性性を持っている以上それは常に相手を力で抑えつける暴力が作用している
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-04-03 18:45

ダイエット

ダイエットの必要性を感じたことが無い

大学4年から今にいたるまでに15kgくらい太ったけど、それもこれも全部自分が楽しくて、必要で、蓄えてきたもの
捨てるなんてもったいないよといいわけを

クローゼットをそうじしてると大学入学のときに祖父に買ってもらったスーツが出てきた
ズボンは太ってしまったある日に、ビリリと音をたて、音をたてて惨めにやぶれた
お尻から裂けてしまった、まるで漫画みたいに
出てきたスーツに気まぐれに袖を通してみると、うん、きつい
そんなにむぎゅむぎゅでもないけど動きづらいネ

ダイエットをする気はさらさらないけど必要だとおもって膨れ上がってきたものやその時間について、変わっていく自分になにかどうしようもない時間を感じた
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-03-17 00:06

ハルウララ

あったかい日とさむ〜い日が交互に来ますね
三寒四温
この言葉考えた人って偉いと思う
本当にそうだもの
二月も半ばを過ぎて、梅が咲き始めるとぐんぐん日も長くなる
三月に入って桃の花が咲くともう春ですねぇほんまですねぇってな趣き
この時期の気候が一番劇的に代わるからみんな季節を感じるんだろうねぇ
目に見えやすいもの

んでもって毎年こんなことを書いてる気がする
定かじゃないけど、どうなんだろ
そう思って調べたらそうでもなかったね
この時期が一番記事が少なかったりして…
不安定なんですかね

めまぐるしい季節の変化について行けずに不安定になってるのかも
それが故に「あぁ春だから……」なんていわれるのかもねん
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-03-05 21:23

アクロス ザ ユニバース

ファイナルファンタジーの外伝的扱いのゲーム、サガ
そもそもゲームボーイで、販売されていた頃から世界をひとつの塔に例え、ひとつの階にひとつの世界とその番人といった世界観で形成されている

ファイナルファンタジーがRPGゲームの草分け的作品で、世界を横断的に冒険していくのに対し、サガは、世界を縦に冒険していく

そして、後年、サガ・フロンティアが発売

横の移動も縦の移動もなく、世界はぶつ切りに分断されたリージョンで形勢されており、そこを空港のような、駅のような港から宇宙船で移動するといったもの(自らが、キャラクターを動かす余地はなく、宇宙船のアニメーション画像が表示されているだけ)
世界が、小世界の秩序を内包したメタなものではなく、個々の秩序を持った島宇宙が独立して存在し、それらが干渉することなく世界を形成しているといった構造が示されていた
これって今より数年前(1,2年前)のカルチャーシーンのあり方

今や、僕はゲームは全くやらないけれど、サガフロンティアをプレイしていたころ。それに「世界を横断しない不気味さ」を感じていた。隣の国に移動するときに、無音になるあの不気味さ、それを現在のカルチャーシーンに感じる。僕は、ユースカルチャーもファイナルファンタジーのように世界を横断して消費するべきだと思うの
[PR]
# by U-the-zannen | 2008-02-25 02:04



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧