Angry&Hungry

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パンチラに見る命の隙

すっかり春だ
女の子のミニスカートがまぶしい
ほんといつのころからだろう、女子高生とかミニスカートとかパンチラとか好きになったの
俺結構純情だったんだけどな…

軽くへこみつつよくよく考えたら高校生の頃からパンチラ・ハンターだったことを思い出す
ふふふ
僕が出た高校は、海から徒歩5分ほどのところにあってね、浜風が時々いたずらをしていったもんですよ

パンチラは、単なるいやらしい行為と思われがちだが、もっと人間生命や闘争文化に根ざした根源的なエロスが潜んでいる
男→女=性の対象という単純なベクトルではない
むしろ人間もまた動物であるということ、性別とは関係なしに極個的に生存闘争を繰り広げていて、いつでも最後まで生き残ろうとするいわば生物の業を内包している

そもそも考えてみればなぜ下着なんぞをみて喜ぶのだろうか
冷静に考えればただの布生地だ
女性だってそうやすやすと下着を見せるためのことなんてのしない
短いスカートを着て自らをかわいらしく時に艶やかに見せ、オシャレを楽しんでいるだけだ
いたずらな風がハラリと吹いてチラと見えるそんなものになんの想像を膨らませよう

しかしして、そこにこそ生命のやり取りたる所以がある
みえそでみえないその刹那、ちらりと見える秘められたその内部を垣間見る行為、それは一瞬の隙をつく行為
生きているうえで脇の甘い部分を、しかし、日常的にしっかりと守っている部分がめくれるその刹那に銃剣向けて「エイヤーッ!」と突き刺さんとする行為なのである
そうすることによって、「命(たま)とったどー!」と生物的な優位を感じ快楽を得ている
パンチラとはつまりこういった行為なのだと私は思う

ところで、近年ローライズ・ジーンズなるものが流行し、また、上着も短めのものが流行しているようでおなかや背中を見せている婦女子(もしくは腐女子)が巷にあふれ返っている
そして、しゃがみこんで下着どころかおしりの割れ目まで見せてしまっている
ときにはアス・ホールまでもがみえているらしい
このずり下げ状態をみて不快に思う男子たちも大変多かろう
「日本の女子としての貞操をもて!」などと日夜ブログや2chで豪語しているかもしているかもしれない
しかしこれは完全な見当違いであると諸父兄をいさめておかなければならない
女子だからとか、まして日本のーなどといった意見は時代錯誤もはなはだしい
そんな考えは、黒船として来襲したリア・ディゾンにより切り落としたちょんまげよろしく捨て去るべきである

ローライズ・ジーンズによるずり下げ状態なぞは、パンチラよりも内部が見えていて一見よりエロスが深いように感じられるかもしれない
それが喜びよりも不快の声が多いのはなぜだろうか
しかしこれもパンチラ・生命闘争理論に照らし合わせれば、簡単なことなのである
すなわちそこには、生命の見せる一瞬の隙、というスリルが全く無いのである
グデンっとだされたみっともないお尻には「貴様!それでも軍人か!」とか「そんなことじゃこのジャングルをサヴァイヴできんぞ!」とか「俺がクマならかみ殺してるぞ!」などといった当たり前に生きている油断に対してであり、そんな愚鈍な生物をみて人はむしろ嫌悪感を抱く
だいたいお尻の割れ目までみせているのは大抵デブであるという点も見逃せない

すべてのエロやスケベに根源的な何かが内包されているなどとたいそうなことは言わない
しかしエロスとは立ち返ってみると生命に関わる精神的・文化的な闘争が常に内包されており、また自分が男性性を持っている以上それは常に相手を力で抑えつける暴力が作用している
[PR]
by U-the-zannen | 2008-04-03 18:45



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧