Angry&Hungry

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

不安

今後の世界情勢t等を考えてもまさか…ねではあるけれど、それでもここのところのわが国の国会の情勢を見ていると、過去に大日本帝国が犯したような道を進むのではないだろうかといった危惧を抱かせる

今日もまた、与党の強行採決で年金に関する法案が可決された

すでに暴走がはじまっているのか
[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-31 00:53

訃報と疑惑

なんだか訃報の多い日

残念だが死んでしまったものはしょうがない
死は永遠の許しとなるのか

残された我々には、疑惑が残る
松岡大臣は死して秘密を永遠に守ってしまったことは死者につばを吐くことになるかもしれないが、大臣として、しかも疑惑を抱えているような人物としては許されざる行為だったのではないか
んでもって石原慎太郎のばか
なにがサムライだ
そんな言葉で美談にするほどいい話ではないのは、お見通しだ
言葉に重みがいっさいない
うすっぺらいなー

そしてZARDの坂井泉水
入院してたことすらしらなかったよ…しかも癌だなんて
すでにネット上では軽く都市伝説化している様相

もともとテレビとかに顔出さない人だから余計に謎

小学生の頃大好きだったからなぁ…

合掌
[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-29 05:19

戦争の悲しさ

「硫黄島からの手紙」を見た

へんに湿っぽい話でもなく、たんたんと戦争が進み、日本がどんな風に負けて行くのかがわかり面白かった

戦争で人が死ぬ事は悲しい出来事だけど、本当に戦争で辛いことは、個人の尊厳や自由が全て戦争のために蹂躙され、屈され、圧しつぶされることだ

それを戦争と言う媒体を使っておセンチなお涙頂戴物にしてしまうのは、戦争映画本来のもつメッセージをぼかしてしまうことんじなるので見る側にも注意が必要だと思う
[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-25 21:13

She'll say "hello!"

なんだかこんな時間(AM3:45)

ちょっとほろよいでセンチな気分になったり

僕は牛丼店やファーストフォード店で、先払いでも結構でかい声で挨拶するようにしている

友人には笑いの種にされることもあるし、腰が低すぎると嫌がられることもあるが、牛丼家で働いていたことがあるので結構その一言で救われたり、ちょっといらいらしている自分にかなりハッとさせられることがあったのでなるべくそうするようにしているのだ

普段道で誰かにあったり、通勤中に同僚とあって交わす「日常のあいさつ」でハッとすることなどないのに、かえってあったこともない人からの意外なほどの挨拶は、かなり考えさせられるものがあるのではないだろうか

このことにはもうひとつ付け加えるべきエピソードがあって、僕が働いていた牛丼店は、わりと東京の下町にあり、かなり客が粗雑だった
やくざやこじきやヤンキーくずれ…そしてひとりもんっぽいくらーいリーマンが主要な客の構成要素であったその店で、客≒(ニアイコール)敵であったので、こちらとしても自分の未熟さの言い訳を客のせいにして、僕はことのほかプリプリしていた

そんななかで目覚めの一言だったのかもしてない
それこそ神様が人間の姿をして遣わした言葉であったようなこころもちでハッとしたものだった

飲食業界は結構タイトな現場がおおい
つかずはなれずの給料で、給料分よりもちょっとだけきついと思われるような仕事
とくに高校生、大学生の未熟な人間が多い
そんなことにかまってられるかーいと大上段に構えるよりも、一言の「ごちそうさま」をいう余裕を持ちたい
これだけで結構うまくいくもんだと思う
[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-20 04:01

まじめなはなし

ついにきた。という感じだ

国民投票法(憲法改正手続き法)が14日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。

なぜ国民投票法なんて手段を採択したかというと、どうやら世論では過半数以上の人が憲法は改憲すべきだと考えているようだ
これには本当に驚いた

いや、すくなくても「分からない」くらいの気持ちでいるのかと思っていた

なんで?何考えてるのか

このまま行けば、憲法第9条は改正されるだろう

もちろん改正されても、すぐさま戦争!ということにはならないだろう
だったら改正されてもいいじゃんということかもしれない

今回の法律では未成年の18歳も参加できるようになるということからも考えられうるのは、僕たちはなめられているということである
ようするに国会で議論されてることの重大性も考えないでなんとなくのやりかたで法令がどんどん決まっていくし、それに僕たちはなんの感心もないのだと考えられているのではないだろうか

憲法第9条は、世界で唯一、原爆を落とされた日本のアイデンティティだ

それすらも政府の都合で変えられてしまうこと
政府はなんの都合で改憲をすすめるのか

国際社会への配慮か
僕は、世界の国々と仲良くすることは大事だとおもうけど、ここだけは―と守るべきものもあると思う

そしてそれすらも笑って過ごし、それよりも明日の洋服についてわらう私たちには絶望すらかんじる

どうするにせよ、僕らはもっと考えて行動するべきだ

参考URL
第15回 自民党改憲案に異議! 憲法は誰を縛り誰を守るのか - ビジネススタイル - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/050509_kenpo/

憲法改正論議
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%E8%AB%96%E8%AD%B0

改憲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E6%86%B2

[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-15 03:51

Q

褒められたいんじゃない!

許されたいんだ!
[PR]
by U-the-zannen | 2007-05-06 02:42



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧