Angry&Hungry

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

言葉と社会

言葉は、国や民族のアイデンティティなので、清く正しく、継承していくべきものだが、それはそれとして時代と共に変化していくものである

発展のスピードがめまぐるしい、現代においては次々と新しい言葉が産声をあげては、枯れていき、残り物は残る

言葉は道具であり、歴史でもあるから、どちらがいいとはいえないかもしれない

「心の病」

最近この言葉が少し気になる

精神病や心身症という言葉がハードすぎてあえて柔らかく、遠まわしにされてできた言葉だ
しかし、なにかとストレスの多い現代においてもはや精神病はめずらしくもないことであり、事実、カウンセリング等も日進月歩で発展していっているのだ

そう考えるともはや他人事ではないし、それを恐る恐る使うのは、そこにある事実すらも遠まわしにしているのではないだろうか
別に言葉狩りをするつもりではない

ただ道具は、やはり取扱説明書をよく読み、正しく使い、正しく発達させる必要がある
これが個々人のアイデンティティをあらわすものであるのならなおさらだ
すこし意識するだけでも変わってくるはずなのだ

社会背景にあわせつつ、過去の言葉にも敬意を払いながら新しい言葉を生み出していくべきであるなぁと思うのですよ
[PR]
by U-the-zannen | 2007-02-08 20:51

一病息災

無病息災なんて言葉がありますが、現代ではちょっと当てはまらないようです

現代医学は、日進月歩で発展し、なかなか病の心配をしないで済むようになってきました。

そこで出てくる弊害

アレルギーや脂質の取りすぎによる生活習慣病
飲みすぎ。食べすぎ。働きすぎによるストレス。
などなど人にとって本来喜ぶべきことから、栄養過多になってしまっています。

実際、現代の病気のほとんどが栄養素の異常摂取が原因ではないかという研究もあるらしい

思想上、宗教上、イデオロギー上のベジタリアンやファッションとしてのロハス的なものは、賛同できないけど野菜や魚中心の食生活はとても体にいいそうな

そこで最近広く唱えられている概念が「一病息災」

要するにちょっとくらい病気をしたり、持病を抱えている方が、生活習慣を改善し、なにかと気をつけるので長生きできるというもの

眉唾的な話しですが、実際に統計でも出ていてるそう

ちょっと某あるある的な話になってきましたが、前向きに生きるという事はとても楽しく大事なことなんじゃないかなぁと思うのです

どうせ一度きりの人生、楽しもうじゃないですか!
[PR]
by U-the-zannen | 2007-02-02 01:42



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧