Angry&Hungry

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブログはきっかけに過ぎず、すべては、行動だから

先日のタイ王国のクーデターは、ブログの呼びかけから始まったらしい

僕のブログ更新と、それに対する自分への現状を考えるとそこまで人を動かせるなんて「ホンマかいな」ってかんじだけど、確かにブログ自体は、どんな人でもやり方次第でより多くの人にオピニオンを伝えられるツールではあるということは実感としてある

ところで、webでの意思表示はどんな形であれ、実行動へと結びつくことを意図しているハズなのだ
聞こえは悪いかもしれないが、個人思想の広告化である
ここで注意しなければならないと思うのが、思想や意思を他者に発するので「広告のための広告」または「広告のおもしろさを際立たせた広告」ではいけないのだと思う

特に今日ではwebページ自体も、より検索結果に引っかかるもの、よりアクセス回数を増やしてもらえるものを目指して作るようになってきていてる
アクセスを増やすことが、おもしろいからで終わらずに、自分達の活動を知ってもらい、ともに活動してためのものとしての機能するようになっている

これだけブログ(=個人のオピニオン)が氾濫している現在において、内容を見せずして雰囲気だけで接触を試みるほど人は暇ではないからだ

そういう意味も含めて、タイのクーデターの話がもし本当ならば、すごいことだと思う
(実際にどれほどのものかみたわけではないが)ブログというごくごくシンプルなツールを使って国を動かすほどのオピニオンを伝えたからでだ

それだけ多くの人を動かせるような記事をかけるようになりたいもんだ
それにはまずは自分の活動だね
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-28 15:40

安倍ジャパン

こんな記事を見つけました

http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

これがもし本当ならば、僕らは再び戦争に巻き込まれるわけだな
日本がやらなくてもアメリカはやりかねない
そんなことあっても全然おかしくないし、僕らの世代は圧倒的に流されやすい

最近本当に危ないなと感じるのは、国民が、「スポーツだけは健全で、感動的!」とでもいわんばかりに、やれ、世界選手権だ、W杯だ、アジア大会だと国家間の試合があるたびに○○ジャパンと銘打っては、愛国心を高められていることだ

スポーツによる愛国心の高揚は、他国を倒すという思想において高められるものであり、結局のところ領土の問題であり、他国あっての自国という論理に基づくものだ
実際に、サッカーワールドカップを契機に紛争が起きたこともある

しかし、本当に国を作る、この土地・大地と国を愛するということは、自分達でこの環境を高める、作っていくという思想を養わなければならないのである

その意味においてはスポーツをして、自己鍛錬したりすることは個人の趣味によるところなので何もいえないし、僕自身も好きだ
だが、要警戒すべきなのは、スポーツ観戦による、擬似的な一体感を得ることだ
特に昨今では、スポーツ実際にはやらないで、観戦だけを趣味としている人がいるが(しかも往々にして彼らは、国際大会にのみに終始している)、コレは戦時下や軍部独裁の政権下においてマスゲームに旗をふる行為と同等であるとみる

そう考えたときに、本当の愛国心とは何か。一体感を得ることではないはずであるが、どう動けばよいのか。そこを自分なりに取捨選択しないことには、日本に未来はない
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-22 10:40

記号を読む

やべー
今週ももう火曜日か~
やることありすぎてテンテコまい

とある事象から時代背景を読み取るということをすると、自分がどんな時代に生きてるのかがわかる
それをわかることによってなるべく、自分の存在を客観視してみると、当たり前だと思ってることでも馬鹿らしかったりして、無駄なく、しなやかに、生きらるだろう
(もちろん実際にはそう簡単にはいかないけれど、そうあろうと努力することは格好付けもないし、むしろ正しい姿勢ですよね)

んで最近は、スタイルに名前をつけてある種の記号に変換するのが流行のようだ

ロハス・メトセク・寿司シャン……

どこかラグジュアリーな感覚を持たせるこれらの言葉
こんな言葉が流行ってる昨今はどんな時代か

ギョーカイをあらわす言葉というものがある

ギッロッポンのキャバでチャンネーとミーノー

ザギンのブークラでチャンネーとシースー
のようなやつらだ
今となってはお笑い種だけど、本当に、リアルに使ってた人いたんだよね

この頃は、これらの言葉を統括した(またはあやつる)ギョーカイというのがひとつのスタイルであったのだけど、いまではそれらが細分化し、さらにレベルも民衆によりになったスタイルとして確立されつつある

ギョーカイはギョーカイ人にしかなれない(または扱えない)特殊なものであったけど、上記のロハス・メトセク・寿司シャンはとりあえずはそういった垣根はない(ように見せてる。実際にはあるけど。)
一億総ギョーカイ化時代の到来だ

つまり、ある種のスタイルの人々を記号化していたはずのシンボルが、今度はソレを目指すためのシンボルとして生まれ変わっていってしまい、底の浅い量産型ギョーカイ人を再生産していくのだ

そうして産み落とされた我々の世代
もはや“ゆっくり生きる”ためのスローライフですらがブランド化されたシンボルとなり、本当の目的を見失ってすらいる(それはブランド化されることによって、より高額となっていくロハス食品等にみることができるだろう)

自分らしい生き方を探すという記号

まずはこれを拭い去らなければ
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-19 20:04

かわいいラインの夢

自分にとってのかわいいライン(もしくはかっこいいライン)ってのがある

そのかわいいラインを集めたグループってのがまたある

例えば、ココリコミラクルタイプに出てくる女の子は、森山中・村上を含めて全員かわいい!とか、資生堂マキアージュのCMの四人贅沢だ!とか、はたまたTBSの月光音楽団はアイドルの宝石箱やー!などだ

逆に沢山集まってても全然、琴線に触れない集団もいる
TUBAKIのCMとか南海キャンディーズ・しずちゃんや山崎トオルちゃんがでてるCMなどはいただけない

絶妙の組み合わせをするプロデューサーやエディターにあってみたい
それはアイドルやモデルさん本人に会うよりも価値がある気がする
そして意気投合した上で、僕に、僕だけのかわいいラインを集めさせてほしい
そういう仕事がしたい、犯罪になる前に
だから編集者になりたい

そしたらまず長澤まさみは使いません
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-14 16:03

TVニュース

ここ一週間で、何回飲酒運転にまつわるエトセトラを聞いたことか
僕らの生活をいかにTVから得る情報が支配しているかがわかる

旬の話題をいつも取り扱っていないといけないのは何もマスコミだけではなく、むしろ僕らの方なのだろう
そういう風にできてしまっている僕らの生活スタイルが、考えるより先に与えられた情報をいかに料理するか?ということに終始されてしまい、独自の発想から遠のけてしまう

こんなにプロパガンダに流されやすい国民も珍しいのではないだろうか

自分にとって本当に大事な情報はなにか
独自の視点をもって話を進めるにはどうすればよいかを考えると、まず第一にTV ニュースを見ることを辞めるべきなのではないかと思う

なんてことを滝川クリステルを見ながら考えている
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-14 15:47

イベント

昨晩は友人といろいろの打ち合わせのため、恵比寿へ招聘

新しいことが始めるための会議なのだけど、話が横にそれてまた戻ってをして楽しい時間を

何かあれば積極的にかかわって行きたいけど、自分からはなかなか立ち上がろうとしないので、何かと声をかけて読んでくれる友人には感謝

写真のイベントをやりますので、11月10日~12日のどれかの日は空けておいてください

何かを始めることは楽しい
仕事とは別に、趣味から人に引っ張られていくと、いつしかそれが仕事になる…そんなの最高じゃないですか!
時間を惜しまずに動かないとね

何でもやるんで是非呼んでください

んでもって弟のちょっとだけかかわってる舞台が公演間近!なのです
是非、見に行ってくださいまし

スペースノイド
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-12 10:24

新しいブログ

このたび新しいブログをはじめました

ひとつは会社の仲間で適当に書き散らかしているもの
今日のアットマーク

もうひとつは、買い物したものをつらつらと書き進めていこうかとおもっています。
夜猫DISCOの今日の買い物

どちらも墓場にならぬようにがんばります

どうぞチェックしてみてください
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-08 21:25

誰が為に鐘はなる?

人間の感情って理論だけでは絶対制御できない

幸せがあれば、その裏で誰かが不幸になっているかもしれないということは、誰もが経験をするし、わかっていることだ
もちろん誰もが幸せを感じる権利はあるのだけど、せめて、その裏にあるものをおもんぱかるという行為が、人に対する優しさではないだろうか

ライバルとの競争に勝ったときに相手の心情を理解する人こそ、人心をつかむだろうし、そこに、「勝ちは勝ちだから」という理論を持ってくるのは生きるためだけに生を費やす獣であるといえるだろう

今回の皇室の件で気になったのは、皇太子の一家の心情だ
男の子が生まれたことは喜ぶべきことだけど、それは女の子でも一緒だ
男だからどーしたこーしたなど人間の生に何の意味があろうか

そしてそれを意地汚く食い物にするマスコミや国民
連日連夜の報道にはさすがにこちらも閉口する

「よかったね」という言葉の真意がきになる
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-07 10:33

ためしに…

バナーをのせてみる



我が青春の日は戻らない

今は大分収縮してしまっているだろうけど
ハイスタを初めとしたあの頃のいきおいっつーか楽しみ、今はないけれど
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-04 12:04

ふ~む…

本日も都内をぷらぷらと

金が無いので適当に漂うだけだけど、新たな発見とか簡単な幸せもありいろいろなことを吸収していく

ところが帰宅して一週間前から考えていた、この土日にすべき大事なことがあったことにきがつく

時間は19:30
時すでに遅し

僕は物事の優先順位を付けるのがめちゃくちゃ苦手…というか優先順位の基準が甘くて結果的にだらしない感じになってしまう

そのことでたくさん得もしてきたし、いい目にもあった
さらに自分でも「ゆっくりいこうや~」などとスローライフ気取りで開き直っていたのだけど、最近このだらしなさがどうしても良くない感じになってきてしまった

もう少しうまい具合に優先順位を付けていかないと思う
そう思うとここでこうしていることすらもどうなのでしょう…
[PR]
by U-the-zannen | 2006-09-03 23:47



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧