Angry&Hungry

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日々是好日

今月ももう終わってしまうのでとりあえず書こうとおもう

書こう書こうとは思うのだけど、コレは日記とは別物という感覚が僕の中にあり、そうするとどうしてもちょっとでも考えを落とし込んだものを…と思ってしまうのでなかなかねぇ
まぁそうゆーのって日々のつながりの中で会心の一撃がでたりするんだろうね

先日南の島へバカンスに行ってきたのでそこらへんの写真でも…って思ってたんだけど帰ってきたら仕事がパンッパン、パパーンっ!って感じでなかなか着手できませんですよ…

そーいや、僕が南へフライトしている間に「あぁ…俺ってほんと間の悪い」って思う出来事が会ったのですよ。
ひとつは、会社に安めぐみ嬢がいらっしゃったとのこと。
あーぁそうなんですか…そうなんです。あの安めぐみよ。
普段は売れない芸人とか売れないラッパーとか売れないアイドルなどが来社することがあるのですが今回、僕がいないときに限って安ちゃんが来社したわけです

『我逢人』 
ワレ ヒトニ アウナリ
人っつーのは会って初めて何かが起こりうるのですよ
会う場を設ける努力、会う場を大切にする心が大事なのね
もしかしたら安嬢が僕に出会って、一目ぼれをする可能性だってあるわけです
会わなければ何もない
何もない…

もうひとつはMTVのイベントでシークレット・ゲストとして元サイボーグのマイケル・ジャクソンが来日していたらしいですよっポーッ!
例の事件以来、中東の一国に身を潜めていダッ!らしい彼
ちょいちょい噂で西海岸系にラッパーと接触したとか聞いていたけどまさか日本に来るなんてアウッ!
しかも俺がいない間に来るなんてハッ!ダッ!アウッ!

Who’s B・A・D?俺だー!なんつってる
I want you back!

『卒啄の機』
ソッタク ノ キ
世の中にはタイミングとゆーもがあり、その絶妙なタイミングが生まれてこそすばらしい関係ができるのです
逆に出会ってもタイミングが悪ければすれ違うわけなのですね…

今回は機がなかったのだろうと思う
機がなかっただけ…

まぁ向こうではそりゃあ日々のよしな仕事を忘れるってくらい馬鹿ンスしてきましたよ
大抵のマリンスポーツはこなしてきたし
しかし何もしてやったりといわんばかりにいろんなことが攻めてくるのね…
そーゆーもんなのね
[PR]
by U-the-zannen | 2006-05-31 13:04

恥めまして

自意識過剰であることへの恥らいとでも言おうか、はたまたただ単におっさんになったのかここ数年ですっかり恥を恥とも思わぬようになってきた

認識の差かもしれらんが世間一般に恥らしいとされてることとゆーのが至極どーでもいいことであり「世の中にはもっとまともそうな面しててとんでもない恥を降らせているやつらがわんさといるじゃないか!アメリカ人とか!」とゆーきになってきたのである。

小学生の頃、学校にてうん子を産み落とす行為は、隠れキリシタンのごとくかなりの隠密行動が必要とされていたし、もしも何かの間違いでもらしてしまおうものならそれこそ家族全員に被害が及び後世にまで語り継がれる大罪のようなものであったが、それが中学・高校と進むに連れて、むしろ「うんこをすることは当たり前のこと」となり人々の会話の潤滑油として使われる、むしろごく自然的な行為としてのおもしろ話になり、芸人などにいたってはそんなオ誰もが笑うールマイティな手札を使うのは腕のない芸人の証拠としてセコ扱いされるのである。

かくして、この年齢にまで達するとあればむしろ積極的にネタつくりに励むということが人々の中で面白おかしく生きていく最善の策でもあり、それができないやつはやはりつまらないやつであるのだとすら思うのだ

(当然私も珠玉のうんこネタを持っているのだが、こればっかりはここぞというときの必殺・秘蔵のネタでもあり、「世の中のよしな仕事を鋭くいちゃもんをつける」といったスタンスの当ブログにおいてこのネタの披露は差し控えさせていただこう。断っておくがコレは恥を恐れてのことではなく確実に他人をしとめたいがためのいわばケチな心理の働くところのものである)

ところで僕がうんこの話をしているときに一番、恥ずべき行為は「うんこもれそうになってさーかなりやばかったよ」という展開になったときに「でももらさなかった」という風に持ってくるやからがいることである
ここには二つの”残念”が潜んでいる

ひとつにはうんこはもらしてこそ面白いのであり、もらしそうになることなど日常茶飯事・通勤途中の誰しもノおこる行為でなんの特異性もない

もうひとつはうんこを漏らしそうになったにもかかわらず結局のところ大丈夫だったという自らの保身が見え隠れし、「うんこをもらしそうになった」などというなんともない事態でのみ会話の突破口を繰り広げようとしなんならウケすらもとろうとする小ずるい試みであるからだ

それはあたかもイランやアフガニスタンに空爆のみを仕掛け、自分達はまったく持って被害をこうむらないような殺戮劇(戦争)を繰り広げているかの国のごとき所業であろう

俺ならむしろ嘘でも漏らしたという

江頭2:50の言うところの「ワンクールのレギュラーより一回の伝説」だ

伝説を作ろう
[PR]
by U-the-zannen | 2006-05-23 14:41

いらいら

石田衣良がテレ朝の報道ステーションのコメンテーターとして出ていたんだけどその服のセンスが悪かった

水色のスーツのジャケットに水色のシャツ、水色のストライプのネクタイってどんななんだ
水色のスーツだったら鈴木ってアナウンサーの方がまだ似合うよな
ってゆーかこのスタイルこそが彼の全てを物語っているとも言える

全部上っ面で薄っぺらで漫画的
しかも小難しそうな、子犬のような面で難しいことを考えてるフリをしているのだな

なぜやつをコメンテーターに起用したんだろう、古館は。
あいつもそうなんだろうな
[PR]
by U-the-zannen | 2006-05-11 23:06

限定

今朝はなんだかたいそう早く出かけることになった。

いつもの定位置で池袋から有楽町線に乗り換えようと待っていた。
今日はなんだかかわいい子が多くて気分的にうきうき
あぁ早起きは三文の徳と昔からもうしますな~
こりゃ得したなぁ

女性専用車両
鉄道車両の設備。編成の一部車両について、乗車を女性のみに限定した車両のこと。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%F7%C0%AD%C0%EC%CD%D1%BC%D6%CE%BE

いや!
そんな目で見ないで…
いや…
みて。もっとみて。
[PR]
by U-the-zannen | 2006-05-10 17:03



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧