Angry&Hungry

<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もういつの話だって感じだけど、この間の雪がまだ溶け残っているところがあり嬉しく感じる。
雪解けは嬉しくもアリ、寂しくもアル。

関東に住むものならばここ最近では特に積もった雪などめったに見ることも無いのでアレだけふって朝目を覚ましたら一面の雪世界というのは嬉しいものだ。

でも雪が降る地方からやってきた人はやはりというか、全然珍しくもないらしい。
それがたとえ上京して何年も経つ者ですらそうらしいのだ。

それは僕たちにとっては雪は一年にそうなんどもないイベントであり、非日常であるのでもっとも想い出に残りやすいのだろう。人は思い出にかかわるものが好きだからね。

今年はもう少し雪が降ってほしいな~
[PR]
by U-the-zannen | 2006-01-28 01:29

バカのリズム

簡単でもいいから書くなどといって全く更新していない私だ。
所信表明もなんのその。
初志などまるで貫徹しないのである。

結局御託を並べないと、まともに文章も書けないのか。

バカリズムの片割れ、枡野ヒデトモの単独ライブ「宇宙時代」を観にいってきた。
バカリズムとは、いわゆる「シュール」と言われるようなお笑いを武器にする芸風でみんなの歌的なリズムに強烈な風刺、皮肉の歌詞をのせて唄って踊る芸人であり、まさにバカ×リズムといった感じである。
ブスに向かって笑顔で「整形しろ」という感じに似てる。

とある事件により現在では活動休止状態におかれてしまい非常に残念ではあるが、バカリズムの頭脳(ブレイン)ともいえる枡野氏のソロ公演はなかなかおもしろかった。

彼の持ち味の1つは決してしつこくない、むしろさわやかなまでの下ネタだ。
今回の単独でも全編にわたってまことしやかに下ネタが語られ最終的には、宇宙時代なんていうけど宇宙のことなんてなんもしらない。みんな宇宙よりも巨乳のほうが好きでよく知っている。だから宇宙時代じゃなくて巨乳時代だ!というところに堕ちる。

これはなかなか言いえて妙で、結局みんなまじめ面して小難しいこと話してるふりしててもバカな方が好きで楽しいんだろ!といった人間のプリミティブなところをついてきている。
だから彼は大声で人前で下ネタを話すためにものすごく理論的な武装で固めてくる。

今回のネタでも宇宙官能小説や野球官能小説といったネタがあった。
それはスタンドマイクの前でスポットライトを浴びた枡野が、官能小説を読むように、大事な部分だけ宇宙についての用語だったり、野球についての用語だったりに変換されるといったネタだ。

A子はBの激しくなった江川を卓ッた…

などとのたまう。

エロとさわやかさをかけ合わせて=笑いに変換してしまう魔術のようにみんな「エロなのにえろじゃない」から笑ってしまうのである。
実に巧妙な手口を使って笑わせてくるのである。
完全にSだな、アイツ…

次はキングの単独だ!
[PR]
by U-the-zannen | 2006-01-26 10:00

あけまして

どうもあけましておめでとうございます。

年男の年が始まりました。
ひっしぶりの投稿です

今年はもう少し軽いものを増やし、読みやすい物も書いていきたいな~などと考えております。
美味しい店とか。

今はとりあえず、実家にてゆっくりしております。
TVでアニメチャンネルばっかみてます。

CSはいいな~コマーシャル少ないし、見たい番組ばっかみられるし。
正月はテレビがなんとなくおっさんむけだと思う。

そんなこんなで今年もよろしく
[PR]
by U-the-zannen | 2006-01-01 22:31



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧