Angry&Hungry

<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

理想は電車男です!と安野さん

今、巷でひそかなブームとなっているのは「働きマン」って漫画

ひそかでもねーか。安野モヨコ著だもん、売れっ子か。

知らない人の為に軽く解説すると…
出版社で働く女、松方弘子は恋に仕事に大忙し!と行きたいところだけれど、目下のところ仕事第一。大手ゼネコンで働く彼氏との間が気になりながらもついつい紙面作成に東奔西走してしまう。そんな彼女が周りの男性や女性とぶつかったり、分かり合ったりしながら校了に最後の力を発揮するとき、『男モード』にスイッチが入り、働きマンへと変身するのだ!パララパッパラー!

この漫画、いろんな読み方が出来る編集を目指すものにとっては、編集ってどんな仕事なのか知れると思わせるし、ひょっとしたら女性が男の中で働くには、男性以上に男らしくなければならないってジェンダー論的にもみれるかもしれない。(実際に彼女との対比として女の子らしい子が登場する話もある。)

実際にはあんなふうにはいかないと思うけれど、編集社には沢山の個性的な人々がいて、みんあがそれぞれの仕事をこなし毎回商品が出来上がっていくといったヒューマンコメディである

まぁそれぞれのキャラは、松方弘子の働きマンっぷりを盛り上がるために相当ディフォルメされているとは思うんだけれど、その中で一人ちょっと著者・安野の視点が欠けているというか明らかにそーゆーキャラとしてはズレてるでしょってやつがいる。

それが「田中」という男である

彼は、最近の若者で、新人で、型にはまった仕事しかしない(出来ない)使えない典型的な若者。松方弘子が女性として男にも負けないくらいにバリバリ働く姿を浮き彫りにするため、男でも仕事を適当にやり、アフター5以後、定時以外はまったく仕事をしたくない。
(それを誇張するためか、作品の中で上司が「最近の若いのは男より、女の方が力あるねー。あ、最近じゃこんな事いうとなんでもすぐセクハラとか言われるんだろうけど」という独白をする場面があるのだ。)
もちろん上司と飲みになんていかない。
典型的な、最近の情熱のない、若い男子といった設定である

でもさー
こんなやついねーよ。
確かに最近の若者と言わず、世の中の半分以上のやつは働くよりも仕事は、仕事として割り切って必要以上の仕事はしないって感じだろうけど、現代の若者はこの田中みたいにロンリーウルフみたいじゃない。
みんな、仕事の頭は回らなくても人間関係には人一倍、気を使うもんである。
なんせ寂しがりやで小さいころからいじめやらひきこもりやら登校拒否児を見て育ってきたのである

田中はそのだめっぷりをこれでもかってくらい強調させるためにか、彼は、仕事に人生を賭け、熱くなる松方をひややかに見つめ、(できないくせに)「今回は不本意ながらいただくことになってしまいましたが、次からは自分でやるので(上司に)いわれても手出ししないで下さい。」と伝え、松方を絶句させる。

おかしい。絶対におかしい。こんなやついねーし、こんなにトンチンカンなことをいい、仕事も面白いことも出来ないやつが何百倍とも言われる講談社(と思われる。なんせ雑誌名が「時代」だし。)みたいな大手出版社に受かるわけがない。

まぁ漫画だからキャラクターが誇張されて灰汁の強さだけを浮き彫りにするのもわかるっちゃーわかるんだけど、その松方の「女性だけど男性に負けない」を誇張させるためのあざとさがおもいっきり丸出しで読者を馬鹿にしてんのか!?とすら思えてくる

さらに強調したいのは、このような田中を出現させ、松方の働きマンっぷりを誇張させることにより女性の強さを強調しているように思えるのである
ここがまたあざとい。というか安野の底の浅さを露呈しているとも言えるだろう。

なんかさー「あたしってぇ社会派のヒトだからぁ。これからはジェンダーの時代だしぃ。あたしの漫画ってぇ男の子にもぉ人気あるしぃ しかもおじさまたち向けのモーニング連載だからわからせてあげる。これからはぁジェンダーくらい語れないとぉ」って感じが見え隠れするのだ

あんまり勉強してないだろうな~
前にもマガジンでなんかモテナイ男の子が学校一の美女でモデルとちょっと悪ぶってる娘とうまくいく。そのためにこれまた杉本綾のようなおねぇさまに仕込まれるって話だったけどb>安野の提案する男性像ってけっこーゆがんでいると思うなぁ
ある意味ベタってゆーか、絶対「電車男」好きだよ、あのヒト。

オタクな旦那がそれを証明しゃちゃッてるし。
[PR]
by U-the-zannen | 2005-08-06 03:36

近頃など…

働いてます。

とにかく慣れるのに精一杯、いっぱい、いっぱい、おっぱい…

でも忙しいことを言い訳にしたくないので書きますとも!
あぁ書きます!
カカずに書きます!(謎)

半蔵門って結構出版社がおおいみたい。

ぴあに宝島にぶんか社がある。

コレのどれでもいいからやっぱ雑誌の編集がやりてぇな~

半蔵門から一生はなれられないかも
[PR]
by U-the-zannen | 2005-08-03 20:59



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧