Angry&Hungry

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏の風物詩と言えば…

今年は季節を楽しむ。

確か以前そう誓いました。

一度決めた事は、遣り通すのが遊び人の心得でしょう。

ってことで早速行ってまいりました花火大会!
b0043849_1619386.jpg

いやいやいやいや
毎年なんだかんだと理由をつけては花火に行ってるけど同じ花火大会に行くことってあんまりない。それくらい季節はあちらこちらで花火大会が執り行われているのであります
花火ってさーなんで夏にやるのかって、冬は寒いからだからって思ってたけど実は違って、死者の送り火なんだそーな
ふ~ん

この季節にぴったりなんだって。
ちなみにお盆のときにつくるきゅうりは馬でコレにのってピュッときて帰りはナスでつくった牛でゆっくりとってなんかに書いてあったわ
いろんなこと考えたもんだ、昔の人は。
確かに今、きゅうりもナスもやっすいからね~旬ですね
毎日ナス味噌炒めときゅうりのサラダをごま油と塩だけで味付けたのを食べてる私です

まぁそんなこんなで足立の花火に行ってきた
せっかく風流を満喫しようって事で浴衣を着ていってきた!

まぁどーでしょうか!この粋な着流し!間抜けづらですね~

あ、他の2人はいい感じなんだけどね!やっぱり浴衣は女子の方がいいねぇ~
いい!実にいい!
それにひきかえ…
こうね、すその方をピラっとめくって「あらよっ」てな具合に走りこんでみれば、そりゃーもう遊び人の金さんのごときってな感じでヤンス
b0043849_174221.jpg

足立の花火は北千住からいったんだけど、北千住がまた意外と下町の面影が今にも生きた町並みで凄く情緒をかもし出していてこれまた僕のゆがんだ風流心をくすぐる

おばちゃんが軒先にでて打ち水でもすりゃヒートアイランド現象にも効果てきめんでヤンス

最近男の浴衣が増えてきた
僕もそれに乗っかった一人だけど北千住は丸井が聳え立ってるから余計に丸井モデルの浴衣を着たギャルをが多かったな~
なんでギャル男って甚平とか浴衣とかきたがるんだろ?
なんか金髪とか茶髪でさー首からネックレスとかたらしちゃってすっげーだらしない感じがするんだよね。
まぁもともとゆったりきるもんなのかもしれないけど女の子の浴衣姿にしたってしゅっと着こなしてる方が断然かわいく見える。
余談だけどギャルっぽい娘の着物姿っていいよね
なんか普段は蛍光の黄色とかピンクとかでぷっくりででた腹をこれでもかってくらい出してていかにも「あたしってビィィッチ」って感じの娘がしゅっとした黒とか白の着物着て髪をアップにしてっていうギャップがなかなかいい。
ちょうといい具合に中和されててね
和服ってどーしてもかしこまってきちゃう感じするもんな~

彼らなりのアバンギャルドなのかな。
伝統的なものを自分たち流にアレンジみたいな
でもそのわりにはそろいもそろって丸井の玉木宏も出るきてるし。
つーか男の浴衣って大体模様が入ってるんだけどどっちかってーと無地の方が粋な気がする
これもなんでだろ。なかには鎌の絵と丸とぬってじの「かまわぬ」柄なんかもあったけどそりゃー間抜けだろってなもんだわさ

男の浴衣姿はやっぱりそんなに受け入れられてないんだろうかね
ま、夏を楽しむアイテムとしてはなかなかいいんじゃないでせうか
これを着ただけで江戸に帰ったような気になれますゆえ。

まぁそなかんじで花火みてすっかりバックツー ザ 江戸してきた
帰り道高校生くらいの男の子が自転車の荷台に浴衣姿の彼女を乗せててさ「いいねー夏色だね!」っていってたら次の瞬間に警察が「二人乗りすんな!」ってピーピー言ってた。

ちょっとわかってやんなよ、おまわりさん
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-30 17:09

エモじゃなくてメロコアでしょ!

HANAKOの連載でお笑い芸人の木村祐一が「人は夏に向かって生きている」と言っていた。

ふむ、たしかに日本人とくに夏休みが長いところに住んでいる者にとってはかなり共感を呼ぶ話だと思う。

音楽好きには夏フェスが沢山あってまぁそれを楽しむために生きているといったやつも沢山いるかもしれない
別に冬にやったっていいと思うけど夏の方が人があつまんだろうな~
夏ってハイになるしね
ハイにならないとまじめな日本人は音楽だけで何日も費やすなんてできないんだろうね

そんなこんなで夏に向けて、CDもリリースラッシュなのである
何気なくCD屋に立ち寄ればあっちもこっちも大物アーティストのリリースを宣伝するブースやアドが目立つ。
ロストインタイムを視聴。まぁまぁかな…
このブースはいわゆる下北系バンドで固めてある。
DISC1はグレイプバインでDISC2はスパルタローカルズ
なんだかな~(@阿藤)なぁんかこの辺のバンドって好きになれない。

歌詞も内省的だし、音的にも突き抜けないというかグルーブ感が悪くてただただメロディックなだけ、疾走感だけって感じがしてしまうのだ。
最近の若いもんの間では流行っているらしいけど、おじさんになってしまったのか、物足りない感じ。ライブでは聴けても家では聴きたくないなぁ

音楽好きの先輩がそこらへんが好きで勧められるたびに試してみるんだけどどーも肌に合わないのだ。

そんな先輩から次に勧められたのは「エルレガーデン」というバンド
先輩曰く「昔のメロコア系っぽいし、ひらのっち結構好きな感じじゃない?」とのこと。
う~んあいませんな~確かにメロディックなんだけどなんちゅーか軽いんだよな~
アジカンとかレミオロメン、アシッドマンは・軽い・
ストレイテナー、ベース、ギターはちょっとソリッドなかんじだけどう~ん
下北系かはわかんないけどサンボマスターはまぁまぁかな
あ、こういう系のやつってエモパンクっていうんだってね

メロコアとはちょっと違うって分けたがってるらしい
たしかに違うよね
お互いに一緒にされたくないって感じみたい

b0043849_1465749.jpgで視聴してた下北系+エモパンクのブースの裏側が古きよきメロコア系ブースでした
そこで即日完売・王政復古・特大宣伝されていたのが「SLIME BALL」ってバンド
これがよかった!
まずメンツがイイ(・∀・)!MACO ( ex. SHERBET , REACH , HOMMY )、KATAYAMA ( ex. SHERBET , ex. THUMB , SEXER )、HAZAWA (ex. GREEN GIANT , ex. THUMB , SEXER )YU-KI ( ex. FUN SIDE , REACH )で始まり、いったん活動休止後、YU-KI が脱退。その代わりにナ、ナ、ナ、ナント!YOSUKE (ex.SHERBET,ex. THUMB,HOMMY) が参加!現在に至るらしい…
僕がバンドをやっていた時に二番目に見に行ったことがあるバンドTHUMB(一番はハイスタ)のベースとボーカルで大好きだった岡田洋介が参加しているとあっちゃー聴かない訳にはいかない。
楽曲的には、サム・リーチと絡み合ってるんだけど、ボーカルのためかやっぱりもろシャーベットな感じ

リーチのポップさにサムのベースライン、そしてシャーベットの程よい疾走感といった感じの楽曲。なにより聴いてて飽きさせないキャッチーさがいい。
ボーカルがリーチの人で若干物足りなさがあるものの(何で岡田じゃないんだ…ブツブツブツ…)まさに原点回帰な一作
そしてメロコア独特のあの懐かしさが僕も歳をとったせいもあってかより格別に感じるのである
ビバ!古きよき時代のメロコア!

やるね~pizza of death!
やるね~Ken Yokoyama(クレイジーケンではないよ!あっちもい~ね!)

ハワイアン6もニューアルバムを出すらしいし横山も出すらしい。
ハイスタはまだかな…でも難波も帰ってきたらしいしとりあえずココらへんでこの夏一発かましてみてって感じなのかな?
久々にライブに行きたくなった!

でも家ではあんまり聴きたくないな~やっぱもう歳かな…それとももはや四つ打ちビートの中毒性からは逃れられないのか、レゲエコーナーへと向かう私だった

pizza of deathのHP
pizza of deathのページ
ちなみにSLIME BALLのミニアルバムはマジで即日完売26日に再発売とのことでした。
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-26 01:47

2005・夏・フード!

やっとこ夏らしい日になってきました!

雨が降らなかったり、かと思えば集中豪雨になったり、天気の神様も移り気な今年の夏

最近のお気に入りはサラダうどん!

レタスの葉っぱを適当にちぎってうどんを持って
適当な夏野菜を盛り、その上に荒削りの鰹節を大量にかける

そして仕上げのたれでお勧めなのがキューピーから出ている「ゴマガーリックドレッシング」

これ一本さえあればなんでも間違いなくうまい!

b0043849_18542355.jpgだってゴマとにんにくのドレッシングですよ!

大抵の和洋中にどっちかは入ってるでしょ!

この隠し味界の二大巨頭ががっちり手を組んだタッグマッチに夏ばてした体も一ラウンドノックアウト!まるで試合の様相をなしえないのである

しかもこのドレッシング!うまいはずなのになぜかあんまり売ってない!
やたらと知名度が低いのである

なぜなんだー!?大山には数々のスーパーや商店が立ち並んでいるというのに、このドレッシングを扱っているのはたったの一軒のみなのである!

俺はできればでっかい1ℓ入りのが欲しいくらい…
だからココで布教活動して取り扱うスーパーを増やしてやろうとひそかにたくらんでいる
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-20 18:57

広告失敗都市・汐留

汐留ってどうなの?

お台場に対抗してかなんか知らないけど、あんまり行く気にならないよね~

お台場は都市のディズニーランド化って感じでちょっと不便だけど、海とか近いしなんか島っぽいからレジャーに行くって感じがするよね
ゆりかもめもモノレールだからわくわくするし

汐留はでっかい社屋が立ち並んでいて近未来的な感じもするんだけどさ
遊び場として人を集められる感じではないから汐留ジャンボリーもいかがなもんかって感じだった

ってかね。このイベント自体がかなりしょぼい
これもお台場冒険王に対抗した感じだけど、コンテンツの質が異様なまでに低い

ガキつかの「絶対笑ってはいけない温泉」のブースに行って来たんだけどほとんど張りぼてで作ってあるわ、しかもそれがちょっと見えてたりするわ、写真はピンボケしてるわ、機械仕掛けだから変な音がするし、案内人はへたくそだしで絶対笑ってはいけないどころか、全然笑えない温泉って感じ

あとこーゆーイベントの醍醐味って普段見ることができないテレビ製作の現場とかを見せて普段自分たちがこうやって仕事をしています的に視聴者との交流を図る目的があるとおもうんだけど全体的に見せてやってる感というか、あっちもやってるからこっちもやってやるけどよ~別にこなくたっていいんだぜっていう雰囲気が伝わってきた

ズームインを撮ってるスタジオがちらっと見られたんだけどもともと見せるようにつくってないからOA中はしゃべっちゃいけないとかでとっても抑圧的
しかも平日見られるのはココだけで、中なんて全然みられない
結局テレビ局の内部はまったく見られないから(この日は社員食堂も見られたけど平日はやっていないらしい)
まったく興味をそそらないのである

つくったやつやる気あんのか?
ちょっとした学園祭の方がよっぽどおもしろかった

イベントもろくな人が来ないし、なんかうまいもんがくえるわけでもない
パフォーマンスだってヘタすると池袋あたりの路上でやってる人の方が面白いことしてるし

しかもたっかいビルに囲まれてるからなんだか薄暗いし、槇原敬之がつくったテーマソングがこれまた暗い

なんだかイベント自体が張りぼてって感じだった~
汐留はお台場に流れる汐を留められなかったわけで。

ところで帰り際にキングオブコメディの突っ込みの高橋さんとすれ違った!
それはまるで昭和のトレンディードラマ
なんかしょっちゅう見に行っているからすッげー知り合いに会ったような気がしていたけど全然しらない人なんだよね!
「あれー?なにしてるんすか?エンタ?エンタ?最近あの番組も微妙ですよね~登竜門の方がいいっすよ!」とか言いそうになっちゃった
b0043849_2053876.jpg

こやつがそのうち大阪からズームインされるように期待している
知ってる人は知っている、こやつと一緒に回ったんだけどいろいろ裏話がきけてよっぽど面白かった
もし8月中に大阪に行く予定がある人は読売テレビのイベント「宝島」を覗いてみてください

今日は大阪から~
ズームイン!
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-19 20:53

テレビ版ドラえもん考

最近は、女の子の漫画もギャグ要素が入っているほうが売れるらしい

たとば大人気で映画化やムックやCDまででおる矢沢あい著「NANA」なんかもそうだし、そのほかにも小川 彌生 著の「きみはペット」とか安野もよことかジョージ朝倉なんかもそんな感じだろう

まぁ無い知識を振り絞って書いているんだけどとにかく最近の少女マンガ(といっていいのか?内容的にももはや少女ではない気がするのだけど…)には、ギャグ的要素が盛り込まれているというのがヒットの要因のひとつらしい

そんななかで最近はやっている少女マンガ(?)に「はちみつとクローバー」なるものがはやっているそうな…氣志團のボーカル翔やんも絶賛していた。
僕はある程度偏った女の子の漫画を昔から読まされてきたし、別段抵抗も無く読めるけどあんまり自ら読もうという事はない
この「はちみつとクローバー」(通称ハチクロ)もブログなんかの記事でちょいちょい見かけてたし、書店に行っても結構平積みになってるので気にはなっていたんだけど正直、信頼筋からの情報がなかったので敬遠していたんだけどアニメ化しているらしく深夜何気なくテレビを見てたらやってたので見てみた
「ベストセラーはメディアミックス化」が常識となった今日で別に漫画のアニメ化なんてなんの驚くべきことでもないけど僕にとってはタイムリーだったのでちょうどよかったのかな

ただあんまり面白くなかったんだよね~

ふーんこんなの流行ってんだ~

でもこれはやっぱ少女マンガだよな~
ってかむしろ途中途中はいるギャグ(らしきもの)が異様にさぶい
その一回しか見てないからあんまり覚えてないんだけど結構見るに耐えなかったな~

ただなぁか引っかかるのである。
この絵…この展開…どっかで見たことあるような…

!!!

あ!

ドラえもんだ!最近のつまんなくなったドラえもんだ!!
あーつまんなくなったドラえもんもこんな感じだ~
でも放送されているテレビ局が二つとも違うから下請けも違うだろうし…
ちなみにドラえもんの背景なんかが変わったのはデジタルハイビジョン化のせいらしい
それだけでも結構雰囲気が違うのに

確かにドラえもんは男子より女子に人気があるアニメだろう
最近の男子にはウケが悪そうだ
女子向けにリニューアルをしたのなら声優もあえてドラ声じゃなくかわいい声になっちゃたのも理解できる

でもねぇなんか違うんだよね~
これ不二子・F・不二雄がみたらなんていうんだろうな~

実は、テレビ朝日でドラえもんが放映されるより前に日テレでもドラえもんのアニメが笛委されていたというのはファンの間では有名な話なんだけど、その作品が明らかに視聴率意識したもので原作とは程遠い作品となり、さらに視聴率の低迷も手伝って生前の不二子・F・不二雄も「俺は失敗だった」と周囲にもらしていたらしい

今回のリニューアルはあきらかに視聴率狙いであり、現代の感覚に迎合しているものだ
そうなれば、故人の意志を尊重しないばかりか日テレ放映の「旧ドラ」の前轍を踏む結果になってしまう事は、歴史的にめいれば明らかだ

リニューアル以降、ドラえもんをまったくみていないけれどその評判はどうなのだろうか
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-12 17:32

ポスト24時間戦えますか?

最近TV番組で気に入ってるのが、「世界一受けたい授業」なんだけど、いろんな分野のエキスパートの話が聴けて面白い

科学の実験とか株の話とかほんと「学校では教えてくれない」的ないろんな授業がやっていてとても為になるっちゅーかなんだか実社会で使えそうなものばかり
まぁ大学ってこーゆー感じの授業が多いんだろうけど、やっぱり教える人がうまいし話をする方のスキルもエキスパートだからおもしろんだろうな~

大学の先生だとやってる内容はおもしろいんだろうけどいまいち理解できないとか面白くないおtかあるんだろうね

一生懸命きいてても眠たくなる授業って沢山ありました

この番組もそうだけど最近企画力を問うクイズ番組だったり、発想力を問うようなクイズ番組それからこの番組みたいな知識欲を刺激するような番組が増えていると思う
みんな癒されたりしている場合じゃないんだろうね。

こうやってテレビからすらどんどん情報を得て明日へのおまんまへとつなげていかなきゃ現代人はダメみたいで、以前のように年功序列でのほほんとやっていられた時代にはなかったことなんじゃないかなぁ

それだけ情報ってものが誰にでも手に入るものになってむしろそれを以下にして生かすかとかどう扱うかといった新しい視点が求められてるんだろう

これってちょっと前の癒されたいとか行ってたころよりも少しみんなが前向きになってきたしょうこなんじゃないかな
とにかく目の前の仕事をやってその中で自分のポジションを確立する
コレが現代ビジネスマンの使命なんだろう

かくして24時間戦えますか?はこのようにして現代にも生きているのである
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-07 20:49

ブログ最後の日

友人のブログが長期的な閉鎖になった。
そーいや最近ラッパーのECDの掲示板も大々的な荒らしの末、閉鎖に至った。

はじめたらいつかは終わりが来るものだから仕方がないのだけれど少し寂しいような…

ネット空間は半分は無限みたいなとところがあるからやめたいならほっておけばいいし、そうやって捨てられて、何年も更新されていない「墓場みたいなブログやホームページ」ってあると思う。

でもどんなに視聴者の少ないHPでも必ず読者はいるもんだ

だからやめるときめたら一言送るというのは礼儀であるとともに自分が残してきた作品に対するプライドであるのだと思う。それがどんなマスターベーションむき出しの日記であってもだ

いや、実は僕自身もこのブログは荒唐無稽で脈略の筋すら見えないので、何かの分野に特化したものにしていこうかとアイディアをめぐらせて一度ココを閉鎖しようと考えた。
まぁブログだし、あんまり重たいものでもないし、ましてこれらを作品と呼ぶのもおこがましいといったところがあるのだけれどやっぱり責任だけは取りたいなと思うのである

そーゆー事を踏まえて友人のブログの閉鎖などは寂しいきがするしまぁひとつの楽しみが減るということもあって残念だけれども彼女のブログに対して、感謝の気持ちである
なにかひとつの物語が終わったかのような気分

自分のブログの最後の日を想像してみる

僕はここに残してきた文章がとても優れたものだなんて思ってないけれどひとつひとつの記事に結構魂を込めて書き上げている。
書きたい意欲が湧きあがってきてダーっと書いて、まぁ人に否定されてもそれはそれこれはこれで満足はしている。
そういうところがまぁブログのオナニー的なところなんだろうけど。
世の中に残ればいいけどそんな一日の視聴者自体もそんなに多くないこのブログが書籍化などとはとうていなりえないだろうな~

ところがちょっとした有名人なら自分の好きなものや思ったことをつらつらと書き込むだけで作品たちに目が書き込めるのである

僕の龍(ブログ)には目を書き込む価値も(いまんとこ)ないものというわけである

そんな僕のブログが残り続けるには、とにかく更新して消費されて捨てられてもわずかな視聴者の目を楽しませることだけなんだな

それならば倒れるまで走り続けてやる
いつか最後の日が来るまで
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-05 19:03

あぁ 独り言 七月ですね編

今日から七月ですね。

世間は夏です。

猛暑のような、水不足のような…

野菜の高騰が心配です…

去年はどこにも行けなかったけど今年はどうか…

またチャリとかローカル線とかで旅がしたいモンです

いけるかどうか…

一番行きたいのは、奥州平泉

夏草や つわものどもが 夢のあとです

ついでに

松島や ああ松島や 松島や

あたりにも足を伸ばしてみたいです

山寺もいいな~

奥の細道は夏って感じなのは、私だけでしょうか

わたしだけ…

四国も夏だとおもいますね

わたしだけ…

避暑地にいってまでクーラーのきいた部屋にいるなら東京にいたい

気分がのってまいりましたので歌を歌います

どーでもいいですよ

「暑いと思うから暑いんだ!涼しいと思え!」という精神論。

どーでもいいですよ

ヒラノです

夏休みに初めて沖縄に言ったらずっと台風で一歩も外に出られなかったどてす

ヒラノです

最近夢が本気で覚めないで欲しいときがあります

ヒラノです ヒラノです ヒラノです…

さいなら さいなら さいなら…

なんてちょっとやってみたくもなるもんだ

そうぼかぁ夏に向けて浮かれているんだ

あ~ぁ 夏休み!
[PR]
by U-the-zannen | 2005-07-03 02:12



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧