Angry&Hungry

カテゴリ:旅行記( 3 )

それでいいのだ

なんだかいじめによる自殺が増えている模様

自殺が増えているのか、報道が増えてるのかは知らんけど、自殺の増加は社会環境の悪化に比例するというから社会が荒れてるんだろう
まぁもとからか、社会はもとから荒れまくってる
ってことはもともと自殺は多かったんだろうね

首吊り自殺はつらいね
首吊りってのは落ちるのと一緒だから落ちた瞬間に全部出てしまうらしい
しかもそのまま見つからないと下半身が腐って落ちてしまうらしい
死んだら迷惑かからないみたいな遺書が多いけど、めちゃくちゃかかるんだ

死ぬことが一番迷惑で悲しいこと

生きてることに意味はないけど、人間として知性をもってしまったのだから、生きてることに意味はある
でも生きてて楽しいと思うことすらもままならぬのなら、死を想像することから始めればいい
他の人のことを考えることからはじめればいい

どんなに憎んでもその人が寝てるところを想像すると恨む気持ちもなくなるとかあるよね
いじめたり、危害を加える方はもちろんだけど、死んでしまう方にも想像力がかけている

生きるエネルギーがあふれていると、終わりを想像して、死ぬのが怖くて恐れる
それも想像力

みんな型どおりのいい子になりすぎなんでしょう
親や先生の言うとおりのいい子に二なり過ぎると型にはまりすぎて想像しなくなるんじゃないか
型にあわせることに必死になりすぎて

適当に生きよう
よくも悪くもが人間でしょうが
普通に生きてたら嫌われることもあるでしょう
それでもいいでしょう
[PR]
by U-the-zannen | 2006-10-31 00:49 | 旅行記

仙台紀 ~食後編~

ってなわけで昨日の今日の更新
オレ ガンバル

二日目は松島へ
松島は夏牡蠣がまっさかりってなわけで、それも含めて三陸産まれの鮮魚たちをいただこうという腹づもりのため、朝食もそこそこにし、さらに現地では自転車をこいで廻るという念の入れようでした

だっておなか減らしておかないとね~♪
b0043849_20284696.jpg
途中瑞巌寺に立ち寄り、ずんだもちをいただきつつシェイプ・アップ乱です

ところで松島海岸駅に着くと確かにそこいら中にお刺身、つぼ焼きサザエ、伊達政宗、マグロ、松尾芭蕉とご当地産の品々を宣伝中
だけど番組スタッフは探しました。そして見つけました。
お魚センターなる市場では気仙沼産のマグロやフカヒレが格安で食べられるらしいとのことさっそく行ってみる
b0043849_20144759.jpg
やってるやってる…
この牡蠣が3個で¥500でしたよ!
b0043849_20155116.jpg
うま~いいぃぃ
コレは本当にあたりでした
海鮮丼とかも殆どセルフのような、フードコートのような感じで食べるので安いんでしょうね~
見てくださいよこれら!
b0043849_20174864.jpg
b0043849_2018027.jpg
特に海鮮丼のほうには金目とかいろんな種類の魚が乗っていて1000円程度

すっかり大満足…といいたいところだけど、まだ我々には使命が残ってますわ
我が取材班が調査したところによると、仙台は冷やし中華発祥の地
東北の5大当地麺、盛岡:冷麺・秋田:稲庭うどん・山形:・冷やしらーめん・仙台:冷やし中華・喜多方ラーメンとこじつけられているほど、向こうの人には有名のようだ(ちなみに岩手盛岡では冷麺・わんこそば・じゃじゃ麺で盛岡三大麺と呼ぶらしい。しかもこっちの方が有名らしい)

とゆうことで再び仙台へ
b0043849_20355189.jpg
これが発祥の地といわれる龍亭
ついでに餃子も頼んでみたのだけどコレもなかなかでした
b0043849_20325790.jpg
BEERと一緒にがたまりません
b0043849_20352510.jpg
うわさの涼拌麺です
ゴマダレとしょうゆだれがあるのだけど、圧倒的にゴマダレがうまい
半分以上のお客が両方頼んでたのでみんな初だったのか…通はゴマダレと他の料理を頼んでましたわ
で、値段がチョイ高めの¥1200
まぁやっぱりつるつるしこしこしていてうまいですね
一度は食べてみてもいいかも

お店事態はかなり狭く、「え!?ここが?」といっちゃいそうなほど普通の中華料理屋ですが、地元の人なら誰でも知ってるくらい有名みたい
ま、ペンションのおばちゃんは「どこでも一緒だよ…」といってました。

あとはお土産を買って帰るだけ―なのだけど、過密スケジュールの深夜バス帰りのため出発まで大分時間があります
どうしようか…といってるとやっぱり食べるしかないんですよね、デブは。

それもあったし、なんだか初日の牛タンの味が忘れられなくてもう一件牛タン屋に行くことに
ココは友人にも教えられていたし、ネットでも間違いなく一番の書き込みだった「利久」にいってみることに

仙台市内のそこら中に店があるのだけど、どこも並んでいました
駅付近はちょっと空く様子も無いので繁華街とは駅をはさんで反対側にある東口本店にいってみることに

こちらは適度な混み具合でした
多分旅行者は駅ビルとかその近辺にいってしまうんだろうけど少し歩けば沢山あるので歩いてみるべし!

んで牛タン
b0043849_2049955.jpg
こちらは太助とはうってかわてかなりとろける味わい
コリッのあとにトロ~って感じじゃす

僕は太助の方が好みかな?
ま、当然おいしいということの上での話しですが。
むしろおすすめしたいのはタンシチューですね。こちらにはこのコリ&トロのペアが合うのですよ…
b0043849_2051214.jpg
b0043849_2051999.jpg

う、うま~い
極上です

とここまで来てかなり満腹でしたが、とりあえず宮城の食を堪能しました
しかし、本当に牛タン屋が多い街です
駅でも牛タンマップなるものが配布されているほど

基本的には少し足を伸ばしてみた方がおいしいものに出会えますね。ま。コレはどこでも常識ですがね

人生は旅である…と申しますが、旅をするなら寄り道はつき物
食が寄り道だとするならば、それは人生を豊かにするものであると僕は信じるのです

ではまたの機会に
[PR]
by U-the-zannen | 2006-08-22 20:14 | 旅行記

仙台紀 ~食前編~

人生とは旅である―なんてかっこつけられるガラじゃないけれど、旅は人生につき物である
そして人生が旅として比喩されるように、旅もまたその人物の人生を表すものである
すなわち、「旅の目的を何におくか」といったことがその人の「人生の目的を何に置くか」ということに集約されるといっても過言ではないのである

そんなわけで僕の旅の目的のかなり大部分を占めているのは「」なのです

先日は宮城県は仙台に行って参りました!
仙台はなんといっても牛タン…だけれども、それだけではない
冷やし中華発祥の地でもあるし、三陸産の海産物もある
気仙沼は米どころでもありながら、マグロやフカヒレ、エイなどが新鮮においしく楽しめる土地でもあるのだ

そしてまずは土地のラーメンを…というのが僕の定番
総帥!ちゃんと諸国行脚してますよ!

今回の旅においては、あまりにも宮城の食文化に無知だったのでネットを駆使していろいろ調べてから参りましたのだ
早朝にバスで着くため、朝一で食べられるところと思い「朝一 ラーメン」をググって出た答えがここのラーメン
仙台のアメ横と呼ばれる市場の中にあります
b0043849_18294924.jpg

至極まずい
レベルでいうと街で食べる、海の家のラーメンといったところか
麺はゆるゆる、スープもしまりの無い味、チャーシューは硬くしょっぱい…
おまけに量が多いのなんの…いらんサービスですよ店のTVではなんだか宗教関連の番組が流れてるし、最悪です
b0043849_18375056.jpg

ちなみに仙台にはこんなとこもあります

そんでもってお昼は牛タン
まずは老舗へ
牛タンの「太助」は牛タン発祥の店だとか
で、仙台の牛タン屋は「××助」といった名前の店が多いのだけど全部のれんわけなんだそうだ
b0043849_18435068.jpg

コレがほんとに絶品!
b0043849_18442040.jpg
お肉は大盛りでこりこりしているのに決して筋っぽくなく、さらにあっさりした味わいでまったくくさくない…至高のメニューに決定!テールスープもこれまたあっさりしているのに深い味わいで最高でした

夜は三陸産の海産物を食べさせてくれるペンションへ…
b0043849_18525017.jpg

スズキがなんといっても美味でやんした
b0043849_1853841.jpg

んでもってうにうに

疲れたので後編へ続く
[PR]
by U-the-zannen | 2006-08-21 18:57 | 旅行記



ポイズン過ぎるこんな世の中をただ反抗的精神のみで斬る、平成の切り裂きジャックの独り言
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
フォロー中のブログ
LINK☆
B面
夜猫のなんも考えない日々

blogの師匠のページ
信濃路を歩く

我が弟の日記
男魂亭日乗

WEB師匠のHP!
satoruweb.net

写真とぽえむ
終わりのない、旅をしている
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧